漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/
漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/は、ウィキペディアより転載され、著作権はウィキペディア、GFDL のライセンスが適応保護されます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

クラシック漫画は“のだめ”だけじゃない!

漫画「神童」が来春映画公開
 「のだめカンタービレ」「BECK」「NANA」といった音楽漫画がアニメ化やドラマ化され脚光を浴びている。中でも、その魅力に早くから着目し話題となっていたのが、1997年に「漫画アクション」で連載をスタートした「神童」(さそうあきら著/双葉社)だ。本作品は小学生の天才ピアニスト・成瀬うたと、音楽大学を目指す浮かない浪人生・菊名和音の交流を描いたストーリー。連載当時は異色とされたものの、画面から“音”を感じさせる描写で漫画の新しい可能性を示したとして注目を集め、第2回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、第3回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞をダブル受賞し、今もなおクラシック漫画の傑作としてロングセラーとなっている。
 この「神童」が、ついに来春映画化する(監督:萩生田宏治、脚本:向井康介)。和音を演じるのは「デスノート」「NANA」の若手実力派・松山ケンイチ。ヒロインの成瀬うたを演じるのは14歳の成海璃子。昨年、日テレ系のドラマ「瑠璃の島」の主演に抜擢され、大人顔負けの演技力で注目を集めた。実際にピアノを習っていた経験があるという、彼女の演奏シーンにも注目だ。
 「この漫画は[音]が主人公の作品。音楽を音で表現するのではなく、エピソードとして表現していく漫画を目指した」とは著者の言葉だが、実際に音を鳴らすことができる映画の中で、映画作品としてはどのようなものに仕上がっているのか気になる人も多いのではないだろうか。興味を持った人は、まずは原作本を読んでみることをオススメする。


スポンサーサイト
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
リンク
カテゴリー
プロフィール

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

Author:漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

RSSフィード
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ