漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/
漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/は、ウィキペディアより転載され、著作権はウィキペディア、GFDL のライセンスが適応保護されます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

漫画無料 キャラクターデザイン・アニメとコンピューターゲーム

アニメやコンピューターゲームにおけるキャラクターデザインとは、物語に登場する架空の人物(キャラクター)の人相、髪型、服装等の外見を、監督や脚本家の設定を参考に新たにデザインすることである。監督が主人公を「冷徹な人物」と設定したら、冷徹さを感じさせる人物をデザインしなければならない。かつてはアニメーターの業務の一部であったが、現在は独立したデザイン業務となっている。

オリジナルアニメの場合、全ての登場人物はオリジナル、つまりデザイナーの完全な創造物となる。デザイナーは全ての登場人物の外見をデザインするが、人物の正面だけでは無く背面や側面、基本的な動作、喜怒哀楽の表情集、服装バリエーション、アクセサリーなどの小物類や、複数の登場人物が同じフレーム内に登場するシーンの描画に必要な身長比較表なども作成される。登場回数が多い主人公クラスのデザインは詳細に、雑魚キャラ・モブキャラと呼ばれる些細な人物のデザインは簡略に行われるのが普通である。

デザイナーの描いた登場人物のデザイン画は、メカニックやクリーチャーのデザイン画と共にまとめられて設定資料集として多数コピーされ、作画に携わる人々に配布される。各原画マンは登場人物のデザインを参照しつつ、自分が描いた絵が我流にならぬよう、時々チェックする必要がある。そのため表情集などはよく作業机の前に張り出されている。

コンピューターゲームでは必要に応じて3Dモデルも作成される。

登場人物の服装バリエーションを増やすためにはそれぞれを新たにデザインする必要があり、そのためにはデザイナーへデザイン作業を発注する必要があり、それはつまり経費が発生すると言う事である。アニメの登場人物の多くが全編を通して同じ服装であるのはこのためで、一張羅とか着の身着のままという言葉が思い出されるが、ぬるい目で見守るべきであろう。

スポンサーサイト
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
リンク
カテゴリー
プロフィール

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

Author:漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

RSSフィード
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ