漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/
漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/は、ウィキペディアより転載され、著作権はウィキペディア、GFDL のライセンスが適応保護されます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

漫画館 カートゥーンアニメの主要なジャンル

ファニー・アニマルズ
初期のカートゥーンアニメの多くは、人間のような姿をして言葉を喋る動物たちの活躍を描くファニー・アニマルズ(動物アニメ)を題材としていた。このジャンルは1900年代初期から1940年代までのカートゥーンの主流であり、ディズニー・アニメの屋台骨を支えていた。

ザニー・ユーモア
ワーナー・ブラザースのバッグス・バニーやダフィー・ダック作品、MGMのテックス・エイヴリーの諸作品により、この有名なカートゥーンアニメの形式が導入された。通常これらのジャンルでは、登場キャラクターが大岩でぺちゃんこに潰されたり、崖っぷちから足を踏み外したまま、数秒間空中に浮かんでいるアクションなどが登場する。『ロードランナー』はこれらのアクションの好例である。ディズニーは真の意味でのこのジャンルを手掛けることはなかった。記事マンガ物理学では、ザニー・カートゥーンに登場するキャラクターの典型的な振る舞いが記述されている。


洗練されたカートゥーン
カートゥーンメディアの成熟により、そのユーモラスな性質を保ったまま、より洗練された作品が導入された。クラシック音楽はしばしば戯画化の素材とされた。特筆すべき例が、チャック・ジョーンズによる『オペラ座の狩人(原題:What's Opera, Doc?)』である。


リミテッド・アニメーション
1950年代、UPAを初めとする複数のアニメーション制作会社は、ディズニーに代表される従来のリアルで写実的なアニメーションに対し、作画や動作を簡略化した抽象的なリミテッド・アニメーションの手法を導入した。UPAが提示したこの楕円と直線に基づくデザインは、「Iスタイル」とも呼ばれる。


スポンサーサイト
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
リンク
カテゴリー
プロフィール

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

Author:漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

RSSフィード
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ