漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/
漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/は、ウィキペディアより転載され、著作権はウィキペディア、GFDL のライセンスが適応保護されます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

漫画描き方 カートゥーンと印刷媒体について

現代の出版業界におけるカートゥーンは、一般にユーモラスな傾向を備えたイラストレーションのことを指す。この用法は、1843年に風刺漫画雑誌『パンチ』が誌上での風刺画、とりわけジョン・リーチによるスケッチに用いて以来、現在に到るまで用いられている。これらの作品の第1作は、後の新ウェストミンスター宮殿の壮大な歴史フレスコ画下絵展示会を風刺したものであった。これらのイラストは、元来は「ミスター・パンチの鉛筆画集」 Mr Punch's pencillings と題されていたが、ウェストミンスターの政治家達の利己的な姿勢に対する皮肉として、新たな「カートゥーン」という題が導入された。

現代のギャグ・カートゥーンは、雑誌や新聞で掲載され、概ね単純な一枚絵と、すぐ下に添えられた説明文かフキダシから構成されている。多くの人間が、ニュー・ヨーカー誌のカートゥーン作家であったピーター・アーノーを、アーノー自身が自称していたように、現代ギャグ・カートゥーンの父であると考えている。特筆すべきギャグ・カートゥーン作家として、チャールズ・アダムス、チャールズ・バーソッティ、チョン・デイがいる。

時事カートゥーン(Editorial cartoon)は、専ら報道出版物のみに掲載されるカートゥーンの一形態である。時事カートゥーンもまたユーモアを使用しているが、基本として反語や風刺の目的で、より真剣な調子で使われている。この表現は通常、社会的あるいは政治的な、もしくはその両方の時事問題における視点を描写する視覚的メタファーの役割を果たす。時事カートゥーンはしばしばフキダシを含み、時には複数のコマから構成されている。特筆すべき時事カートゥーン作家として、ハーブロックとマイク・ピーターズがいる。

コミック・ストリップは、世界中の新聞で毎日連載される、多くの場合順番に並べられたコマにより描かれる短い物語である。これらのコミック・ストリップそのものは、一般には「カートゥーン」ではなく、「コミックス(Comic)」あるいは「ファニーズ(Funny)」と呼ばれる。それにも関わらず、コミック・ストリップの作者は、アメリカン・コミックやグラフィック・ノベルの作者と同様に、「カートゥニスト(Cartoonist、カートゥーン作家)」と呼称される。コミック・ストリップではユーモラスな題材が好まれているが、冒険やドラマも取り上げられている。上の意味における注目すべきカートゥーン作家としては、チャールズ・M・シュルツ、ジム・デイヴィス、スコット・アダムス、モート・ウォーカーがいる。

スポンサーサイト
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
リンク
カテゴリー
プロフィール

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

Author:漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

RSSフィード
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ