漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/
漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/は、ウィキペディアより転載され、著作権はウィキペディア、GFDL のライセンスが適応保護されます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

漫画作品 アニメにおけるスポンサーと放送局にとっての営業

民放地上波の場合、スポンサーが必要となる。 そのスポンサーは、本来の視聴者層が子供向けの場合、玩具・食品(菓子や子供向けの加工食品)・子供向けの生活用品などが草創期以来長年スポンサーであった。近年では、子供向け教材会社などがつくこともある。 しかし、広告主が子供向け商品の企業であることは、子供向けアニメは放送局にとって営業上不利となる。 20%台あるいは30%台の視聴率のアニメより、その裏番組で視聴率10%強の同時間帯で大人向けスポンサーのつく番組(クイズ・ドキュメンタリーなどでスポンサーが電子機器・製薬・事務用品など)が放送局にとってはおいしい番組であることも多いようである。(少子化の進む近年のみならず、アニメ全盛時代のはずの1970年代といえども例外ではなかったようである) 放送局にとって、長年「子供に夢と希望を与える番組」は時にその放送局の良心とさえいわれた。しかし近年ではそういう声は薄れている。

スポンサーサイト
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
リンク
カテゴリー
プロフィール

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

Author:漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

RSSフィード
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ