漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/
漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/は、ウィキペディアより転載され、著作権はウィキペディア、GFDL のライセンスが適応保護されます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

漫画 平均的な日本のアニメ番組

ごく一般的なテレビアニメ番組について、その制作過程とフォーマットを以下に述べる。


アニメ番組の制作
まず、アニメ制作会社もしくは広告代理店が企画をテレビ局に持ち込み、採用されるとテレビ局のスタッフも更に企画を練る。企画は大別して、原作を持たないオリジナル作品と、原作者より権利を得て何らかの作品をアニメ化するものとがある。近年はメディアミックス展開を想定した企画も多い。製作資金はテレビ局が放映権料の名目でその100%を負担する。

企画を企業に説明・宣伝し、テレビ局から割り当てられたCM枠にCMを出す提供スポンサーを獲得するのが広告代理店の役割である。広告代理店を経由して、スポンサーから得た広告費をテレビ局はアニメ制作会社に制作費として提供する。テレビ局への見返りは2年間で2回の放映権と商品化権収入の一部(通常10~20%で1年限り)と言われている。

そして、アニメ制作会社は元請けとして音声制作会社と下請けのアニメ制作会社に発注する。これが仕上がり納品されてテレビアニメは完成する。これがテレビアニメ制作の基本的構造である。

通常のテレビ番組の場合、著作権は放送局が買い取る。しかし、アニメの場合、著作権は制作プロダクションが保持したまま、放映権のみを放送局に売る。これは、日本初のテレビアニメ『鉄腕アトム』において、制作プロダクション主宰の手塚治虫が同時に原作者でもあるという立場でもあり、自身の作品でもあるアニメ版の著作権を放送局に売り渡すことに難色を示したところ放送局もこれを認めたため、その後も同じ方式が踏襲されていったものである。放送局が著作権を買い取ったアニメ番組も初期には存在したが、版権ビジネスが成立しないために制作プロダクションが経営的に苦しく、現在ではほとんど存在しない。

最も一般的なテレビアニメは1回30分の番組である。テレビ局の編成サイクルは3ヶ月(13週、1クール)を単位としているから、当然ながらテレビアニメの放映期間も3ヶ月単位である。かつては1年が最も一般的で、まれに短期で半年というケースが見られた。1990年代以降は状況が変化し、昼・夜の放映なら半年(2クール)、深夜などは3ヶ月(1クール)を放映期間とするのが普通である。ただし、放映期間は番組の視聴率や人気、関連ビジネスの状況などによって変化することも珍しくない。半年から1年に延長される、終了直後から続編を放映して事実上の放映期間延長が行われるなどといったこともあれば、2クールのはずが1クールで終了してしまうこともある。ただし、基本的に1クール未満での打ち切りは起こらない(「手塚治虫のドン・ドラキュラ」の広告代理店倒産による打ち切りはその稀有な例として有名)。一般に1クール単位の放映であるから、総放送回数も13で割り切れることが多いが、特別番組などが放映されるためそうなっていないことも良くある。なお、特別番組として単発放映されるテレビアニメも一時期は多数存在したが(『トンデモネズミ大活躍』『生徒諸君!』など)、余り制作されなくなった。これは制作費が高騰する割にキャラクターグッズ展開などがしにくいといった問題のためであるという。

スポンサーサイト
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
リンク
カテゴリー
プロフィール

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

Author:漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

RSSフィード
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ