漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/
漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/は、ウィキペディアより転載され、著作権はウィキペディア、GFDL のライセンスが適応保護されます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

「クレヨンしんちゃん」の漫画に「チョコビ」というお菓子が出てくる。この漫画から生まれた、オリジナルのお菓子

「クレヨンしんちゃん」という漫画(アニメーション)がある。幼稚園児の「しんのすけ」と家族の日常生活のエピソードを描いている。見ると単純におかしく笑え、時には「なるほど」と頷いたり、身近な題材を使っていたりする。

 「クレヨンしんちゃん」の凄さは、テレビ放映ではゴールデンタイムを飾り、下品と言われる映像や、下品と思わせる言葉(台詞)が、「子どもには見せたくない番組ランキング」で上位にランクインする番組にもなっている。

 「クレヨンしんちゃん」の漫画に「チョコビ」というお菓子が出てくる。この漫画から生まれた、オリジナルのお菓子である。主人公のしんのすけは、何かとねだる時に「チョコビ」と叫ぶ。何度も何度も出てくる。

 漫画の中では、「チョコビ」の違うバージョンもあり、「チョコビ」に描かれているワニの歯が、金歯になっているのもある。そして、幼稚園児の中では人気のお菓子でもある。

 漫画の中で登場する「お菓子」というのは、読み手の側にとっては一度は手にしたい! そんな欲求が出てくる。一度食べたい! 欲しい! そんな、人間の「欲」が投影されてしまう現象が起こる。漫画に出てくる物は、ある意味、「あこがれ」の物でもある。現実では手に入らない、それになることが出来ない、そんな感情を生むのも、漫画の効果と言える。

 この「チョコビ」というお菓子は、漫画から飛び出して商品化されている。安い店ならば、99円ぐらいで、買うことが出来る。子供からねだられる親には、嬉しい価格帯である。

 店で並んでいるのを目にすると「あっチョコビだ! 」と思わず言ってしまう。食べたこともないのに親近感というか、不思議な満足感があるのだ。

 漫画の中でしか食べることが出来ない「あこがれ」の「チョコビ」が、自分自身に何かをもたらしているのだ。

 「チョコビ」の商品価値というのはどこにあるのだろうか? 味か? 値段か? 売れ行きか? それとも漫画との相乗効果か?

 漫画から生まれる商品というのは、何故か人を喜ばせる力があるような気がしてならない。キャラクターの人形だったり、キャラクターのグッズだったり、そしてゲームだったりする。

 「チョコビ」の新しい商品も出現している。それは、漫画の中には出て来ない商品である。果たして、子供たちに受け入れられるか、興味がある。
スポンサーサイト
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
リンク
カテゴリー
プロフィール

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

Author:漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

RSSフィード
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ