漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/
漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/は、ウィキペディアより転載され、著作権はウィキペディア、GFDL のライセンスが適応保護されます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

漫画描き方 劇画の描画

劇画調な絵といっても作者によって様々であるが、一般的に「写実的な表現」と「ダイナミックな描線」という特徴がある。

頭身(頭に対する身長の比)が現実の人間と近い。また、人体のパーツは原則として省略しない。たとえばギャグマンガではよく首を描かないことがあるが、劇画ではそういうことはない。

描線の点では、おもにGペンを使用し、強弱のついた描線によって迫力のある画面を構成する。動線や筋肉表現などにも多くの線を使う。

したがって初期の手塚治虫のようなかつてのまんが絵に比較すれば写実的といえるが、フランスのバンド・デシネのようなカメラ的視点に依拠した描写や大友克洋のような抑制の利いた表現に比べれば、漫画的な誇張やデフォルメの大胆さは一目瞭然である。そのため、1980年代以降、大友克洋の影響を受け一般的になった丸ペンを中心にする細い線の場合は、劇画的様式を重苦しいとして避け、軽い表現が好まれることもあって、あまり「劇画的」とは思われない。

一般的に「漫画的表現」よりも「劇画的表現」の方が高度であり、上手い絵だと思われる傾向があるが、描線の少ない漫画的表現には特有の難しさがあり、どちらが簡単だとは一概に言えない。

スポンサーサイト
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
リンク
カテゴリー
プロフィール

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

Author:漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

RSSフィード
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ