漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/
漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/は、ウィキペディアより転載され、著作権はウィキペディア、GFDL のライセンスが適応保護されます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

漫画家、映画監督として世界の注目を集める大友克洋監督

家、映画監督として世界の注目を集める大友克洋監督。自然界に生息する「蟲(むし)」と共生しようとする人々の神秘的世界を描く漆原友紀の漫画「蟲師」を映画化した。

 100年ほど前の日本を舞台に設定し、「妖怪ものやホラーにならないよう、原作に沿ってさっぱりした感じにしたい」と、幻想と郷愁が同居する独特の映像を作り出した。

 前作はアニメーション映画「スチームボーイ」で、実写は約15年ぶり。実写映像とCGがどれほどマッチするかに挑もうと、自ら「蟲師」を企画に挙げた。

蟲はCGで表現。重視したのはその舞台だ。「古い民家は柱1本とっても木の素材や光り方が違う。100年200年たった家にこそ蟲が合うのでは」と、背景の家や森は「セットでなくできるだけ実際にあるもの」にこだわった。琵琶湖周辺を中心に関西や中部の各地を回って撮影地を選んだ。

 大きな挑戦だったのは冒頭の土砂崩れシーン。実写映像を組み合わせるCG技術で表現した。「自然を映していて次にCGに変わっても全然違和感のない世界。今までにない新しい映像をやってみたかった」と語る。

 海外のファンも多い大友監督。日本の漫画やアニメ人気を肯定的に受け止めつつ「漫画だと雑誌で新人がたくさんトライできる。そうして新しいものが供給され、日本の漫画文化が広がった面もある」と説明する。

 映画はどうか。「米国は映画を作るすそ野が広い。日本でも映画が多く撮れるようになった状況はいいこと。粗製乱造では仕方ない。みんな頑張らないと」。自らは次に向け実写とアニメ、それぞれ企画を温めている。

>>作品レビューを読む

=2007/03/30付 西日本新聞夕刊 裕・遊・悠 映画=
スポンサーサイト
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
リンク
カテゴリー
プロフィール

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

Author:漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

RSSフィード
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ