漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/
漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/は、ウィキペディアより転載され、著作権はウィキペディア、GFDL のライセンスが適応保護されます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

漫画館ワンピース 劇画とは

劇画(げきが)は、絵とセリフでストーリーを描く表現技法で、現在は漫画の一分野に含まれる。 定義としては、かわいらしくデフォルメされた作画をする漫画に対し、劇画は写実的な作画で、大人向けのシリアスなストーリーを描くものと言える。

現在は漫画の一分野であるものの、劇画は草創期には漫画とは別ジャンルの娯楽であった。 雑誌の作品として発表される漫画に対して、劇画は貸本屋で貸し出される作品として始まった。 そして当時は、漫画は子供向けでストーリーよりも笑いを重視した他愛のないものであり、ストーリー(劇)を紙面上に描いたものが劇画であるという定義であった。 貸本という〆切のないメディアで展開されたため劇画は比較的よく練られた良質な作品が多く、息の長い長編作品も生まれた。 こうして1960~70年代にかけて、ブームを巻き起こした。

しかしその後、競争の激しい漫画分野は作家達の切磋琢磨により画力・ストーリーとも急成長し、写実的な作画・シリアスなストーリーとも、漫画の守備範囲に含まれるものになってしまった。 それに加え貸本屋が衰退したことで劇画の掲載メディアも雑誌が中心になり、現在では漫画との境界線が曖昧になった。 その意味では、もはや劇画という言葉はほとんど死語であり、あるとすれば劇画調の漫画ということになる。

また、ギャグ漫画の一部に急に劇画調を取り入れるというギャグもある。古くは赤塚不二夫、みなもと太郎などに見られる。近年では一種のパロディとして、劇画調の絵によるギャグマンガや四コマ漫画が存在する。泉昌之や、田中圭一の初期作品、野中英次の『魁!クロマティ高校』など。

スポンサーサイト
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
リンク
カテゴリー
プロフィール

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

Author:漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

RSSフィード
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ