漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/
漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/は、ウィキペディアより転載され、著作権はウィキペディア、GFDL のライセンスが適応保護されます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

日本漫画リメイク映画『美女はつらいの』、韓国での興行成功なるか?

100kgに迫る体重、誰もが醜く太っていると認めるカン・ハンナ(キム・アジュン)。彼女の悩みは、まさに容貌。他人も不便で自分も不便な彼女の体重、それによる周辺への圧迫感は、ハンナの人生を苦海にする。映画『美女はつらいの』(監督キム・ヨンファ、製作リアライズ・ピクチャーズ/KMカルチャー)は、一人の女性が美容整形で生まれ変る内容を中心に描かれた作品。現代医学の慈悲を受けたのは、言うまでもないオデブチャンのカン・ハンナ。彼女は全身美容整形で男性からは歓呼を、女性からは妬みを受けるセクシーな美女“ジェニ”に変身する。

監督は、原作の同名日本漫画とは違い、カン・ハンナの本心に重点を置きストーリーを展開させた。胸に秘めた男性、音楽プロデューサーのハン・サンジュン(チュ・ジンモ)も私の男にし、夢に見た歌手デビューも成功。その上、大衆の人気も一身に得る。しかしハンナは、村上春樹の小説『喪失の時代』(日本題:ノルウェイの森)の主人公ワタナベの様に、「私は誰?」という疑問にぶつかる。“ジェニ”はハンナの願望の存在であり、ハンナ自身ではないから。彼女の姿を、観客は果してどの様に受け入れるか、14日の公開が楽しみだ。[写真=KMカルチュア]

Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24
スポンサーサイト
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
リンク
カテゴリー
プロフィール

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

Author:漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

RSSフィード
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ