漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/
漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/は、ウィキペディアより転載され、著作権はウィキペディア、GFDL のライセンスが適応保護されます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

日本に漫画留学中の金正賢さん、ちばてつや賞大賞受賞

日本で漫画の勉強をしている留学生が、韓国人としては初めて日本で最高の権威を誇る新人漫画家賞を授与される。京都精華大学4年生の金正賢(キム・ジョンヒョン)さん(22)は、12月1日に開かれる第50回ちばてつや賞の大賞受賞者に決まった。ちばてつや賞は、日本の3大出版社の一つである講談社が、ベテラン漫画家・ちばてつや氏の業績をたたえるため、25年前に創設した賞で、新人漫画家の登竜門だ。

 金さんは子供のころから漫画家になることを目指していた。小学校のときから、多ければ1日に漫画を30‐40冊読んだ。食卓で、ベッドで、また学校の授業時間中には机の下に隠して読んだ。そうするうちに「家にある白い紙全部」に漫画を描き始めた。勉強のことを心配した両親が漫画の本を取り上げて破ったことも数十回に及んだが、金さんの強い意思をくじくことはできなかった。

 中学3年生のとき、その年に新設された韓国アニメーション高校に進学すると宣言した。

 父のキム・ソンウさん(51)は「“来るべきときが来た”と思った」と言う。サックス奏者でシンセサイザー作曲家という自由な考え方を持つ父にとっても、漫画家の息子を想像するのは難しいことだった。「分かった。それならひとまず、専門家におまえの実力を試してもらおう。それから決めても遅くない」。母のイ・サンブンさん(45)は陰で涙をぬぐっていた。

 息子が書きためていた漫画を手に、何のコネもなく手当たり次第に中堅漫画家を訪ね歩いた父。プロから「大きなことをやってのける子だ」と言われ、息子は翌年、アニメーション高校に進学した。

 金さんが日本留学を決意したのは高校3年の夏。3カ月ほど日本へ短期留学し、戻ってきてからのことだ。日本の地下鉄に乗ったとき、40‐50代の会社員が新聞の代わりに熱心に漫画を読んでいる姿を目にし、ショックを受けるとともに「ここなら自分の夢をかなえられる」と感じたからだ。

 帰国した金さんは、漫画の代わりに日本語の本を手にした。金さんは日本語で寝言を言うほど勉強し、3カ月で日本語能力試験の2級に合格した。日本で奨学金ももらえることになり、各種の漫画コンテストでさまざまな賞を取った。

 金さんが今回大賞を受賞した漫画のタイトルは『タマキムチ』。韓国でクラシック音楽の神童として厳しい教育を受けていたが、日本に逃げてきた韓国人留学生の「キム」と、自由奔放な精神で「キム」に音楽への情熱を取り戻させてくれる女の子「玉木じゅん」の国境を超えた友情と恋を描いた作品だ。高校時代に短期留学していたころ、時間さえあれば街に出てギターの弾き語りをしていた日本人ルームメートに発想を得て、20日間で描いた。

 金さんは来年、大学院に進学し、日本で修士と博士を取ることを計画している。金さんは「今に韓国でも漫画に対する社会的な認識が大きく変わり、専門的な職業として認められるときが来るだろう。まずは韓国人として、日本で最高の漫画家になるのが第1目標」と夢を語ってくれた。

ソン・ジョンミン記者

朝鮮日報/朝鮮日報JNS
スポンサーサイト
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
リンク
カテゴリー
プロフィール

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

Author:漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

RSSフィード
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ