漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/
漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/は、ウィキペディアより転載され、著作権はウィキペディア、GFDL のライセンスが適応保護されます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

ベストセラー4コマ漫画が原作:中谷美紀「自虐の詩」でコミカルに主演

女優中谷美紀(30)が映画「自虐の詩(あいのうた)」(堤幸彦監督)に主演することが20日、分かった。ベストセラー4コマ漫画が原作で、共演は阿部寛(42)。クールなイメージの役柄が多かったが、「嫌われ松子の一生」「7月24日通りのクリスマス」に続き、コミカルに夫に尽くす幸薄い妻を演じる。07年秋に公開予定。

 漫画家業田良家氏が手掛けた同名4コマ漫画が原作で、30万部を売り上げた人気作品だ。中谷は幼いころから苦労した揚げ句、賭け事ばかりのイサオ(阿部)を好きになる幸薄い女性を演じる。

 イサオは定職に就かず、気に入らないことがあるとすぐにちゃぶ台をひっくり返すダメ男。中谷は「ハンサムな阿部さんが演じるイサオはかわいらしくて仕方がない。尽くしたくなってしまうの」。中谷もちゃぶ台をひっくり返すシーンがある。「阿部さんに習って、かなり練習しました。食べ物を散らばって飛ばせる加減が難しかったですね」と、まじめに答えた。

 中谷は「ケイゾク」(00年)の東大卒の女性刑事など、クールビューティーなイメージが強かった。ところがここ3作はコミカルな演技が続く。特に「嫌われ-」では、口をとがらせ、顔をゆがめ、歌い、踊り、笑いを誘いながら、転落していく女性の悲しさを表現した。今回も幸薄い女性をコミカルに演じる。堤監督が「中谷さんは品がある。気高く生きる人の品格が色濃く出るはず」と説明するように、クールな美しさが、笑いの中に、悲しさや、生きるためのたくましさをにじませている。中谷は「コメディーって難しいですよね。あまりに作為的だと寒くなってしまいますしね。悲惨に見せないよう、クスッと笑えるようなものにしたい」と話す。

 11月を過ぎたとは思えないほど暖かい日差しが注ぐ千葉・九十九里浜。波が打ち寄せる浜辺で、中谷がパンチパーマをかけたこわもての男に幸せそうに寄り添う。このほど、愛する2人が思い出の地を訪れる重要なシーンの撮影を行った。端から見れば怪しげなカップルは笑える。でも、幸せそうだ。中谷は「深い所で通じ合っている2人のおかしくも悲しい姿を描く現代版『夫婦善哉』になれば」とほほ笑んだ。

[2006年11月21日8時54分 紙面から]

nikkansports.com
スポンサーサイト
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
リンク
カテゴリー
プロフィール

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

Author:漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

RSSフィード
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ