漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/
漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/は、ウィキペディアより転載され、著作権はウィキペディア、GFDL のライセンスが適応保護されます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

漫画作品 同人の系統・研究発表系

独自に研究・取材した成果等を本にして発行している団体などもある。その一つが学校のサークル活動・部活動のひとつである鉄道研究部・研究会である。大学祭のときに無料で配布されるものから、一般書店の鉄道コーナーで販売されるものまである。部誌は白黒の単色刷りのものが多いが、一部にカラー刷りのものもある。内容は取材の成果(写真・データ等)や旅行記などがある。

続きを読む

スポンサーサイト
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画館 同人の系統・漫画・アニメ

文学界に遅れて、漫画界においても漫画家志望者の同人によりサークルが形成され、同人誌が発行されるようになる。それまでも知り合い同士が原稿を見せあう事はあったが、同人が地域を越えたのは、1953年に石ノ森章太郎が月刊誌「漫画少年」の投稿仲間を集め「東日本漫画研究会」を作ったあたりからと見られる。その後、1967年に発刊された「COM」(1971年休刊)の読者交流ページによって、漫画同人の結成がいっそう進んだ。初期には資金力の問題から主に肉筆回覧誌で製作された。

こうした動きと並行して、1954年創部の明治大学漫研を始めとして大学の漫画研究会の創部が相次ぎ、それは高校にも波及する。これら学校系の漫研(以下学漫)は、相対的に豊富な資金力によってかなり初期からオフセット印刷による同人誌製作を行っていた。学校という場を共有しているだけの同人による学漫の同人誌は、近隣の飲食店や文具店の広告が入りがちで、内容はよく言えばバラエティに富んだ、悪く言えばバラバラな作品であることが多い(阿部川キネコの『辣韮の皮』1巻の巻末に収録された仮想の学漫同人誌にその特徴が捉えられている)。

これら創作系の同人とは別に、漫画ファンによるファンサークルや批評系サークルも作られ、1972年の『ガッチャマン』『海のトリトン』から活発化するアニメのファンサークルなども細々とではあるが同人誌を発行するようになる。

同人誌を頒布する機会はほとんどなく、僅かにSF大会や、学漫であれば文化祭などで頒布する以外は制作者近辺でしか流通しなかったが、1975年のコミックマーケット開催により状況が一変。当初、32サークル、参加者700人で始まった同人誌即売会は、制作者と読者が同一であった同人の世界から、明確な読者という存在を作り出した。さらに翌年、同即売会の運営母体であった迷宮発行の『萩尾望都に愛をこめて』に掲載された萩尾望都作品のパロディ『ポルの一族』によって、エロ要素を含むパロディが同人誌において重要な存在となっていく。 そしてパロディが主流となっていく中、廃れ行く創作系においても新たな展開を模索する動きがあり、京都を中心に活動した球面表着(きゅうめんひょうちゃく)のように漫画以外に特集コーナーなどの雑誌的要素を取り入れるものもあった。

その後市場の拡大により同人誌印刷を行う印刷所も増え、それに伴う印刷コストの低減、コピー、プリンター等の低価格化によって、形態は多様化していった。同時に内容も、創作漫画、漫画批評、アニメファンジンに止まらず、パロディやサブストーリー、エロティックな描写や小説など多様化した。1980年代前半にはロリコン、アニパロが、後半にはやおいがキーワードとなる同人誌が流行した。また、1990年代に入ると、グラフィックが十分な性能を備え出したことからかゲームに対しても、攻略、サブストーリー、エロパロなどの同人誌が増えていった。対象も広がり、鉄道やコンピュータ、モバイル等あらゆる分野について、技術的な内容(特に裏情報)を深く掘り下げたもの、噂やパロディなど商業誌では取り上げられない内容を扱うものも出現している。

その一方、同人誌市場の商業化という問題がある。本来は経済的利益の追求とは無関係に趣味として作成と販売が行なわれていた同人誌だが、おたく人口の増大とマーケット拡大により、特に人気同人誌の売り上げ額は非常に大きくなった。一定数の売り上げが見込めるほど市場が拡大したことにより、プロやセミプロの作家が同人誌で小遣い稼ぎをするという光景も見られるようになった。税務署はそれまで同人誌の売り上げに対して課税を行なってこなかったが、現在は同人誌の売り上げに対して個人事業税の納付を求める動きが活発化しつつある。それに対応して、プロが同人誌を出す場合、税理士に相談して原価と経費のみに収まるように発行している場合がままある。(同人誌で生活していると言える作家の場合、ページ数の少ない本を大量に発行することによって利益を得ている) こういった発行物を大量に仕入れ、ネットオークションや漫画専門の古書店に売りさばく「転売屋」と呼ばれる存在もある。

その反面、同人誌は商業誌が商業利益追求のために切り捨てた部分を補う役目を果たすようになっている。商業誌で人気がないため連載が打ち切りになったり、出版社の倒産などで掲載誌そのものが廃刊となった場合に、作家が自己の作品の続きを同人誌で発表したり、単行本化されない作品を同人誌で発行するという形も見られる。原稿が散逸したり、権利関係が複雑で商業ベースでの復刻が難しい作品を、同人誌で復刻したりすることが行なわれている。これらは同人誌が非営利であり、出版社が同人誌の著作権侵害を黙認することから可能となっていることである。

未来日記のルール考察/[お知らせ]マルがDJ出演/俺と3連休と靴下はい/不動 明/親父に遊戯王カード燃やさ/おはようございますー/12:00のホテルランキング第1/このサイトのご案内/主人公が目立たない傾向にあ/密着取材なのだ。/増田こうすけ劇場×ギャグ漫画日和/MEGAFEPSDES/あっ忘れてた…本屋さんはオアシス/おわりいとしのジャンプー/大雨地獄/次巻乞うご期待。/ぐらぁたん/きょーうはなにしよう/ef a fairy tale of the two/調停3回目/乙女として///π//あひゃひゃ/てすと/フラキライベに行って来ました/あの子バトンPart3/すっごい。/雨ちゃん

続きを読む

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画 同人の系統 韻文

俳句・短歌、詩にも同人誌は見られる。俳句、短歌は「結社」と呼ばれる会に所属し、その機関誌として同人誌を出版する形態が多い。また、一作品の長さが非常に短いことから、長期にわたって書き溜めた作品について個人の作品集(歌集、句集、詩集)という形態で出版される。代表的な短歌結社に『アララギ派』『玲瓏』など、俳句結社には『ホトトギス』などがある。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画無料立ち読み 同人の系統 散文

小説、特に近代の日本文学では、主に純文学において、同じ思想を持つ人が集まり同人誌を発行した。尾崎紅葉ら硯友社の人々によって作られた『我楽多文庫』は日本最初の同人誌である。硯友社には山田美妙、川上眉山、巖谷小波、広津柳浪などの人々が集い、当時の文学界で大きな存在感を示していた。他には武者小路実篤・志賀直哉・有島武郎らによる『白樺』などが有名である。しかし純文学系の同人誌はその後衰退し、文壇への影響も微小なものになった。エンターテイメント系では、小松左京、筒井康隆、星新一など著名な執筆者が見られる日本最古のSF同人誌『宇宙塵』などが挙げられる。SFにおいては同人誌から育った作家も多く、その点では漫画同人誌との類似も見られる。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画描き方 同人の系統 文学系

文学系
文学系の同人誌は、とくに中核となる催事等は有さず、既存の商業文芸誌における批評や口コミによる情報交換が行われている状況にある。一部の文学賞は同人誌での発表を条件としたものもあり、執筆者にとって出版および投稿の価値は高い。日本文学で作家個人の経験が重要となる私小説が大きな位置を占めることから、地域的な繋がりの強い同人誌も多く見られる。漫画・アニメと比較してインターネット等を活用する割合は低いが、インターネットを利用し、地域を越えた交流の試みも徐々に始まっている。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画ワンピース 同人誌とは

同人誌(どうじんし)とは、同好の士が資金を出し合って作成された雑誌のこと。同人雑誌とも言う。文学などの著述や漫画が多い。本来、必ずしも商業的な利益を目的としない。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画館メインページ キャラクターデザイナー

キャラクターデザインの担当者はキャラクターデザイナーと呼ばれる。作品の制作スタッフの当該役職名としてクレジットされる。専業であることはなく、イラストレーター、漫画家(山田章博、村田蓮爾、草琢仁)、アニメーター(逢坂浩司、川元利浩)などが本業である。キャラクターデザイナーはアニメの作画関係者にとっては出世すごろくの「上がり」であり、いつかは手がけたい役職の一つである。

代表的なキャラクターデザイナー
天野喜孝(『タイムボカンシリーズ』、『科学忍者隊ガッチャマン』他)
安彦良和(『機動戦士ガンダム』他)
塩山紀生(『装甲騎兵ボトムズ』、『鎧伝サムライトルーパー』他)
谷口守泰(『蒼き流星SPTレイズナー』他)
沖浦啓之(『攻殻機動隊』、『人狼』他)
高田明美(『機動警察パトレイバー』他)
貞本義行(『新世紀エヴァンゲリオン』他)
平井久司(『機動戦士ガンダムSEED』他)
美樹本晴彦(『超時空要塞マクロス』他)
関修一(「世界名作劇場」シリーズ他)
アニメ製作関係者一覧の「キャラクターデザイン」も参照のこと。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画100科 クリーチャーデザイン

キャラクターデザインとは異なり、人間ではない登場人物(?)をデザインする作業をクリーチャーデザインと呼ぶことがある。特撮やアニメにおいて、仲間、あるいは敵対する怪人、怪獣、異形の生物といったもののデザインを行う。人間では無いとは言えメカニックデザインとは異なり、デザインの対象は必ず何らかの生物またはそれに準ずるものである。また同じ文脈でモンスターデザインと言う呼称の使用も散見される。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画無料 キャラクターの描き分け

登場人物同士は異なる人物であるから、それらの外見は異なるはずであり、それゆえ異なった人物としてデザインされる。すなわち一本のアニメには、通常多数の人物が登場するが、それらはアニメを見ている人間がそれぞれ別の人物であると認識されるほどには外見が異なっている必要がある。生憎と人物を描き分ける能力はきわめて高度な創造性が要求され、多くの業界関係者にとって困難な作業である。毎シーズン量産されるキャラクター群をそれぞれ異なるようにデザインするためには多くのスキルと天賦の才を必要とする。

結果的に人物の描き分けは、見た目にわかりやすい特徴、すなわちほくろや髪型と言った人相以外の部分に頼ることになる。アニメに登場するけばけばしい色使いの髪、奇怪なデザインの服装、重力制御が行えるがごとく宙に浮く「アホ毛」等は、仕事に煮詰まったデザイナーの苦労の産物であるといえよう。

また、このことは単独の作品に止まらずアニメ作品間の登場人物においても同様である。同じ人物によるキャラクターデザインだからといって、異なるアニメの登場人物が互いにそっくりであってはやはり具合が悪い。この場合も描き分けが必要になる。とはいえ、デザイナーの個性が許される範囲での登場人物の相似は許容されており、アニメ作品のそれぞれの魅力となっている。

なお、血縁やクローン、平行宇宙またはそっくりさんなどの設定のため登場人物のデザインがまったく同じで、描き分けの必要が無い場合でも、作劇の都合上、登場人物間に何らかの違いを設けるのが普通である。例えば『∀ガンダム』では、ディアナ・ソレルとキエル・ハイムは瞳のハイライトの有無や肌と髪の微妙な色合い(キャラクター原案を手がけた安田朗によれば、キエル・ハイムは全キャラクター中最も美しいブロンドであるとしている)によって見分けることができた。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画喫茶 キャラクターデザイン・デザインのリファイン

小説原作のアニメでは既存の人物イメージの修正作業もキャラクターデザインの一部である。それはすなわち漫画、小説の挿絵、イラストなどに描かれた人物をアニメーションしやすいようにデザインし直すことである。小説の挿絵、イラストを描いたイラストレーターはキャラクター原案という役職名で区別される。また、メディア毎のプロットの違いなどの必要に応じて、追加のオリジナルキャラクターもデザインされる。

また、オリジナルアニメであっても、キャラクターデザインだけを漫画家、イラストレーターに発注した場合、デザイン画をアニメ用に修正する作業もキャラクターデザインの一部であるが、作画監督などが作業する場合は独立したキャラクターデザインの担当者は立てない。したがってクレジットはキャラクター原案と作画監督だけとなる

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画館メインページ キャラクターデザイン・漫画と小説

新たに発表される小説本に添える挿絵として、小説の登場人物の外見がデザインされることがある。この場合キャラクターデザインではなく、挿絵、本文イラストといった呼称が用いられる。

小説などを原作とする漫画の場合に、既存の人物イメージが無い場合は必要に応じて漫画家が登場人物の外見をデザインする。挿絵などでイメージが存在する場合はそれをもとに漫画用のキャラクターがデザインされる。

漫画、小説のキャラクターデザインの場合、アニメほど厳密な設定は作成されない。挿絵は一枚絵だし、漫画のコマ割りにしても、カメラアングルや人物動作は限られたものになるからである。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画100科 キャラクターデザイン・映画

『ウルトラマン』『仮面ライダー』『ゴジラ』といった特撮ヒーロー作品・特撮映画作品においてもキャラクターデザインと言う役職は存在しており、主にヒーローのデザインを行う者を指してキャラクターデザイナーという呼称が用いられる。実写作品は役者が顔出しで演技するのであるから人相の設定は必要が無いが、変身ヒーローの場合はマスクとコスチュームがデザインされる。

主な特撮キャラクターデザイナー
成田亨『ウルトラマンシリーズ』
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画無料 キャラクターデザイン・アニメとコンピューターゲーム

アニメやコンピューターゲームにおけるキャラクターデザインとは、物語に登場する架空の人物(キャラクター)の人相、髪型、服装等の外見を、監督や脚本家の設定を参考に新たにデザインすることである。監督が主人公を「冷徹な人物」と設定したら、冷徹さを感じさせる人物をデザインしなければならない。かつてはアニメーターの業務の一部であったが、現在は独立したデザイン業務となっている。

オリジナルアニメの場合、全ての登場人物はオリジナル、つまりデザイナーの完全な創造物となる。デザイナーは全ての登場人物の外見をデザインするが、人物の正面だけでは無く背面や側面、基本的な動作、喜怒哀楽の表情集、服装バリエーション、アクセサリーなどの小物類や、複数の登場人物が同じフレーム内に登場するシーンの描画に必要な身長比較表なども作成される。登場回数が多い主人公クラスのデザインは詳細に、雑魚キャラ・モブキャラと呼ばれる些細な人物のデザインは簡略に行われるのが普通である。

デザイナーの描いた登場人物のデザイン画は、メカニックやクリーチャーのデザイン画と共にまとめられて設定資料集として多数コピーされ、作画に携わる人々に配布される。各原画マンは登場人物のデザインを参照しつつ、自分が描いた絵が我流にならぬよう、時々チェックする必要がある。そのため表情集などはよく作業机の前に張り出されている。

コンピューターゲームでは必要に応じて3Dモデルも作成される。

登場人物の服装バリエーションを増やすためにはそれぞれを新たにデザインする必要があり、そのためにはデザイナーへデザイン作業を発注する必要があり、それはつまり経費が発生すると言う事である。アニメの登場人物の多くが全編を通して同じ服装であるのはこのためで、一張羅とか着の身着のままという言葉が思い出されるが、ぬるい目で見守るべきであろう。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画喫茶 キャラクター商法の批判

なお、キャラクター商法に対する批判も存在し、以下に代表的な物を記す。

子供をターゲットとした商売は搾取的である
キャラクターが描かれていない同等の商品と比べて高い
見た目第一で中身が薄かったり出来が悪い場合がある
人気に左右されやすい。飽きが来る(ブームが終わると不良在庫を抱え、消費者に買われた物がまだ使えても処分される)
キャラクターが付いていると言う理由だけで購買意欲に繋がるが、これでは「○○が必要だから買う」という本来の図式から見て本末転倒である
勿論これらは全てに当てはまる訳ではない。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画館メイン キャラクター商法の対象

日本では従来、キャラクター商法の対象は子供たちであったが、東京ディズニーランドのオープン以降は大人たちへと拡大的に広げられていった。

例えば銀行で既存キャラクターを統一的に使用し、預金者に対しグッズをプレゼントしたりキャッシュカードや通帳に描く事でそのキャラクターのファンに顧客になってもらおうとする方法は広く取られている。又、近年の萌えブームに便乗しておたく層をターゲットとした萌え絵を利用する商法も増えつつある。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画速 キャラクター商法とは

優れたキャラクターは高い商業的価値を持つ。ぬいぐるみなどの玩具や、キャラクターの印刷された文房具などによって、キャラクターの出自である作品以上の売上がもたらされることも稀ではない。商業的に極端な成功を収めたキャラクターは、背景の物語を失って視覚的側面のみが一人歩きすることもある。

また、肉体的な実体を持たないキャラクターの場合、人気が衰えない限り寿命がなく、スキャンダルもなく、家族、友人などと称して新しいキャラクターを作りだす事も可能であり、企業のイメージアップや販促に有効な手段であるので、キャラクターの作成に力を入れている企業、団体も多い。

ミッキーマウスは商業的に最も成功したキャラクターのひとつであり、多くのキャラクター商品が販売されている。ゲームの隠しキャラクターだったうみにんのように「知る人ぞ知る」存在だったキャラクターが、商品化によって人気を獲得する例もある。また、ハローキティのように商品であることを目的としたキャラクターも多く考案されていて、それらの中には元々背景となる物語が存在しない物もある。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画出版 登場人物としてのキャラクター

通常は物語を構成するために位置づけされる登場人物のことを指し、物語に関与しない群集や通行人などがキャラクターと呼ばれることは少ない。キャラクターには必要に応じて外見的特徴や内面的特徴(具体的には体格、服装、職業、経歴、特技、欠点、口癖など)が設定される。

広く大衆性を獲得した場合、そのキャラクターは帰属する集団の一般的イメージを再定義する。シャーロック・ホームズなどのいわゆる名探偵から連想される探偵像は、現実の探偵とは乖離したキャラクター像となる。また、実在した人物を題材にして優れた作品が作られた場合も、実際とはかけ離れた人物像が広く認識される。宮本武蔵の一般的イメージは、吉川英治の著作による影響を色濃く受けている。

また、企業などの放送コマーシャルやポスター媒体の広告モデルとして起用されるタレント・俳優・モデルらのことを「(商品名・または企業名)イメージキャラクター」として紹介される事例も多い。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画本 キャラクターとは

キャラクターとは、アニメ、漫画、ゲーム、映画、小説などの物語に登場する人物、あるいはそれら登場人物の性格や性質のこと。

人間に限らず、動物、ロボットをはじめあらゆる存在と概念は擬人化とデフォルメを介することでキャラクター化されうる。略してキャラと言われる事もある。

似たキャラクターが社会集団に複数いる状態は、キャラがかぶると表現されることがある。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画作品 主要なカートゥーン・アニメ制作者と制作会社

テックス・エイヴリー - バッグス・バニー、ダフィー・ダック、ドルーピーの生みの親。
ハンナ・バーベラ・プロダクション - 『チキチキマシン猛レース』『パワーパフガールズ』で知られるアニメーション制作会社。
ウォルト・ディズニー - ミッキー・マウスの生みの親。ウォルト・ディズニー・カンパニーの創業者。
フライシャー兄弟 - ベティ・ブープの生みの親。短編アニメーション『ポパイ』等でも知られる。
チャック・ジョーンズ - 『ルーニー・テューンズ』『メリー・メロディーズ』の制作者。
ウォルター・ランツ - ウッディー・ウッドペッカー、チリー・ウィリーの生みの親。
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画館 カートゥーンアニメの主要なジャンル

ファニー・アニマルズ
初期のカートゥーンアニメの多くは、人間のような姿をして言葉を喋る動物たちの活躍を描くファニー・アニマルズ(動物アニメ)を題材としていた。このジャンルは1900年代初期から1940年代までのカートゥーンの主流であり、ディズニー・アニメの屋台骨を支えていた。

ザニー・ユーモア
ワーナー・ブラザースのバッグス・バニーやダフィー・ダック作品、MGMのテックス・エイヴリーの諸作品により、この有名なカートゥーンアニメの形式が導入された。通常これらのジャンルでは、登場キャラクターが大岩でぺちゃんこに潰されたり、崖っぷちから足を踏み外したまま、数秒間空中に浮かんでいるアクションなどが登場する。『ロードランナー』はこれらのアクションの好例である。ディズニーは真の意味でのこのジャンルを手掛けることはなかった。記事マンガ物理学では、ザニー・カートゥーンに登場するキャラクターの典型的な振る舞いが記述されている。


洗練されたカートゥーン
カートゥーンメディアの成熟により、そのユーモラスな性質を保ったまま、より洗練された作品が導入された。クラシック音楽はしばしば戯画化の素材とされた。特筆すべき例が、チャック・ジョーンズによる『オペラ座の狩人(原題:What's Opera, Doc?)』である。


リミテッド・アニメーション
1950年代、UPAを初めとする複数のアニメーション制作会社は、ディズニーに代表される従来のリアルで写実的なアニメーションに対し、作画や動作を簡略化した抽象的なリミテッド・アニメーションの手法を導入した。UPAが提示したこの楕円と直線に基づくデザインは、「Iスタイル」とも呼ばれる。


この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画 カートゥーン・アニメの歴史とは

最初の成功したカートゥーン・アニメーションは、ウィンザー・マッケイによる『恐竜ガーティ』である。この作品は世界初のキャラクター・アニメーションであると考えられている。

1930年代から1960年代にかけて、専ら映画館で上映される長編映画の前座として膨大な数のカートゥーン・アニメーションが制作された。MGM、ディズニー、ワーナー・ブラザースは、これらの5分から10分間の短編カートゥーン映画の制作に関わる最大手企業であった。

詳細はアメリカン・アニメーションの黄金時代を参照せよ。
1950年代後半に映画館は競争相手であるテレビに観客を奪われ、映画館用のカートゥーン映画は衰退し始めた。今日のカートゥーン・アニメーションのほとんどは、テレビ放送用に制作されている。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画無料立ち読み カートゥーンのアニメーション

コマ漫画と初期のアニメーション映画の表現手法上の類似性のために、「カートゥーン」という用語はアニメーションをも指すようになり、今日ではこの意味が用語カートゥーンの最も基本的な用法となっている。アニメーションにおけるカートゥーンは、通常はテレビや映画で上映され、動画として表示するため高速で連続表示される画像イメージとして制作される。この用法においては、単語カートゥーンは時にはトゥーン(Toon)と短縮される(この用語はアニメ『ルーニー・テューンズ』の転訛かもしれない。また、この用語は映画『ロジャー・ラビット』により広まった。有名なのが、アニメが登場人物を殺した時の新聞の見出し「TOON KILLS MAN」の文字であろう)。この用語はあらゆるアニメーション作品に適用可能であるが、多くの場合は子供向けの、擬人化された動物やスーパーヒーローが活躍したり、子供の主人公による冒険を特徴としたりするジャンルや、その他の類似するジャンルに対して最も頻繁に使用される。日本のアニメのように、西洋の伝統的なアニメーションの慣例に適合しないアニメーション作品は、概ね「カートゥーン」とは呼ばれないが、この状況は変化しつつある。同様に、子供に不適切な作品であることを明確にするために、多くの場合ポルノや18禁アニメのような成人向け作品に対してこの用語は用いられない。

アメリカ合衆国のアニメーション番組専門チャンネルカートゥーンネットワークは1997年に日本へ進出し放送を開始した。開局当初のカートゥーンネットワークジャパンでは自局で放送される番組の登場キャラクターすべてを「トゥーン」と呼んでいたが、このトゥーンには『ルーニー・テューンズ』や『トムとジェリー』、『ポパイ』といった典型的なカートゥーンキャラクターだけでなく、当時この局で放送された『平成天才バカボン』、『魔法のプリンセスミンキーモモ』、『らんま1/2』など日本のアニメキャラクターも含まれている。日本において馴染みの薄かったカートゥーンやトゥーンの呼称はカートゥーンネットワークジャパンの開局によりある程度定着し、特に海外アニメファンは日本のアニメとの区別を図るため、これらの呼称を好んで利用するようになった。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画描き方 カートゥーンと印刷媒体について

現代の出版業界におけるカートゥーンは、一般にユーモラスな傾向を備えたイラストレーションのことを指す。この用法は、1843年に風刺漫画雑誌『パンチ』が誌上での風刺画、とりわけジョン・リーチによるスケッチに用いて以来、現在に到るまで用いられている。これらの作品の第1作は、後の新ウェストミンスター宮殿の壮大な歴史フレスコ画下絵展示会を風刺したものであった。これらのイラストは、元来は「ミスター・パンチの鉛筆画集」 Mr Punch's pencillings と題されていたが、ウェストミンスターの政治家達の利己的な姿勢に対する皮肉として、新たな「カートゥーン」という題が導入された。

現代のギャグ・カートゥーンは、雑誌や新聞で掲載され、概ね単純な一枚絵と、すぐ下に添えられた説明文かフキダシから構成されている。多くの人間が、ニュー・ヨーカー誌のカートゥーン作家であったピーター・アーノーを、アーノー自身が自称していたように、現代ギャグ・カートゥーンの父であると考えている。特筆すべきギャグ・カートゥーン作家として、チャールズ・アダムス、チャールズ・バーソッティ、チョン・デイがいる。

時事カートゥーン(Editorial cartoon)は、専ら報道出版物のみに掲載されるカートゥーンの一形態である。時事カートゥーンもまたユーモアを使用しているが、基本として反語や風刺の目的で、より真剣な調子で使われている。この表現は通常、社会的あるいは政治的な、もしくはその両方の時事問題における視点を描写する視覚的メタファーの役割を果たす。時事カートゥーンはしばしばフキダシを含み、時には複数のコマから構成されている。特筆すべき時事カートゥーン作家として、ハーブロックとマイク・ピーターズがいる。

コミック・ストリップは、世界中の新聞で毎日連載される、多くの場合順番に並べられたコマにより描かれる短い物語である。これらのコミック・ストリップそのものは、一般には「カートゥーン」ではなく、「コミックス(Comic)」あるいは「ファニーズ(Funny)」と呼ばれる。それにも関わらず、コミック・ストリップの作者は、アメリカン・コミックやグラフィック・ノベルの作者と同様に、「カートゥニスト(Cartoonist、カートゥーン作家)」と呼称される。コミック・ストリップではユーモラスな題材が好まれているが、冒険やドラマも取り上げられている。上の意味における注目すべきカートゥーン作家としては、チャールズ・M・シュルツ、ジム・デイヴィス、スコット・アダムス、モート・ウォーカーがいる。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画館ワンピース カートゥーンの歴史的用法

歴史的な語源におけるカートゥーンとは、油絵のような絵画作品の制作に際し、紙の上一杯を使って描かれる下絵のことである。カートゥーンは幾日にもわたる漆喰の上への彩色に際して、構成部分を正確に連結させるために、専らフレスコ画の制作に使用されていた。ラファエロやレオナルド・ダ・ヴィンチのような画家によるカートゥーンは、それ自体が高い価値を持っている。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画館メインページ カートゥーンとは

カートゥーン(cartoon)は複数の芸術形式についての呼称であり、一つの語源から発展した複数の意味を持っている。現代における狭義の用語カートゥーンは、アメリカやヨーロッパの一コマ漫画か、ユーモラスな傾向を備えた子供向けのアニメーション作品を指し示す言葉である。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画100科 アニメの代表的な作品

虫プロダクション制作
鉄腕アトム
ジャングル大帝
鉄人28号
シンエイ動画制作
ドラえもん
クレヨンしんちゃん
タツノコプロ制作
ハクション大魔王
タイムボカンシリーズ
科学忍者隊ガッチャマン
マッハGoGoGo
宇宙戦艦ヤマト
風の谷のナウシカ
スタジオジブリの作品
天空の城ラピュタ
となりのトトロ
火垂るの墓
魔女の宅急便
もののけ姫
千と千尋の神隠し
ハウルの動く城
サンライズ制作
機動戦士ガンダムシリーズ
装甲騎兵ボトムズシリーズ
犬夜叉
勇者シリーズ
ミスター味っ子
ガイナックス制作
新世紀エヴァンゲリオン
王立宇宙軍~オネアミスの翼
トップをねらえ!
日本アニメーション制作
世界名作劇場
未来少年コナン
エイケン制作
サザエさん
東映アニメーション制作
銀河鉄道999シリーズ
デジモンシリーズ
ドラゴンボールシリーズ
美少女戦士セーラームーンシリーズ
ふたりはプリキュアシリーズ
東京ムービー制作
ルパン三世シリーズ
巨人の星
名探偵コナン
マッドハウス制作
カードキャプターさくら
手塚プロダクション制作
鉄腕アトム(カラー版)
ブラック・ジャック
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画無料 アニメのジャンル

対象層別
幼児向けアニメ
子供向けアニメ
少年向けアニメ
少女向けアニメ
男性向けアニメ
女性向けアニメ
成年向けアニメ
ファミリー・一般向けアニメ

ジャンル・題材別
SFアニメ
ロボットアニメ
魔法少女アニメ
ハーレムアニメ
萌えアニメ
18禁アニメ
スポーツアニメ
格闘アニメ

媒体別
テレビアニメ
深夜アニメ
UHFアニメ
アニメーション映画(劇場版アニメ)
OVA(ビデオアニメ)
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画喫茶 アニメの北米のファン活動

この小項目では主に北米でのファン活動について述べる。日本で紹介される海外でのアニメの評価は、これらのアメリカ合衆国の熱心なファンの反応や活動であることが多い。もちろん、アメリカは金額で最大の輸出先でもあり、日本アニメのファンも多い国ではあるが、それらの評価は日本と同様、高年齢向けアニメの評価が相対的に高い方に偏っていること、実際のアニメの輸出先はアメリカだけではないこと、児童・ファミリー向け作品も数多く放送されているが、それらの作品への評価は日本と同じように少ないことにも注意する必要がある。

アメリカでの日本アニメのファン活動は1976年にテレビを録画したアニメの上映会が始まることによって開始された。1980年代まではおおむねこのような活動がささやかに行われていたが、映画『AKIRA』(1988年)が1989年に世界公開されたことを発端に、日本には高年齢層向けのアニメが存在することが知られ始めた。『AKIRA』は大規模な公開はされず、世界各地の芸術系映画館で小規模な上映会を巡回的に行うという配給方式がとられたが、これが元で逆にアニメは芸術作品であるという見方もされるようになった。そして、世界各地の観客たちに確実に強い印象を与え、日本と同じように熱狂的なアニメファンを産むことになった。ただし、そのファン層は日本と同じように一部に限定され、それ以外の層への浸透はまだまだ進んでいない。一部のアニメファンサイトはアメリカ共和党の政治家にアニメファンが居る事を知ると狂喜してネット中にその事実をばら撒いた。逆に言えば、それほどアニメファンは一般的でなかったということでもある。

これらの熱心なアニメファンは、現在でもアメリカ合衆国に多い。多くは、放送されている作品や、北米でソフト化されている作品だけに飽き足らず、日本で放送中のアニメをほぼリアルタイムで字幕つきで見る、ファンサブという活動を行っている。これは、日本でテレビ放送されたアニメ番組をパソコンのP2Pソフトなどで入手し、手製の字幕をつけてインターネット上で配布するという活動である。ただしこの活動は違法である。ファンサブについて詳細はファンサブの項目を参照のこと。

しかし2005年以降、北米での日本アニメの売り上げは低下しつつあり、オタク検定で知られる北米大手のビブロスが倒産するなど、様々な問題に直面しはじめている。しかしアニメコンベンションの人気は拡大するなど、アニメファン自体は増加傾向にある。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画館メイン アニメの海外での主な評価

日本のアニメは前述した通り、ディズニー作品に慣れた外国では暴力的・性的なシーンを含むために多く批判される(だが、実際はアメリカ制作のアニメであってもHAPPY TREE FRIENDSのような作品もあるにはある)。また、アニメに登場するキャラクターの容姿が幼児に見え、幼児性愛好者を増長させているとの指摘もされ、ニュージーランドではOVAぷにぷに☆ぽえみぃが政府機関により発禁指定を受けたりもしている。しかしながら、日本において幼児性愛好者が起こした犯罪は他国と比較して圧倒的に少ないとの指摘もある。この問題は現在も議論中であり、結論は出ていない。

逆に、フランスの美術評論家エルベ・シャンデスは、アニメを中心とする日本のおたく文化を「21世紀のジャポニズム」と評し、これらの文化が欧米の文化に大きな影響を与えていると主張し、おたく文化を擁護した。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

漫画速 アニメの輸出について

アニメはごく初期、1963年から日本国外に輸出されていた。最初に輸出されたアニメは『鉄腕アトム』で、日本での放送開始から8ヶ月後に、アメリカ合衆国のNBC系列局で放送された。この後もアメリカや北米向けの輸出は続いており、輸出金額では過半数が北米向けが占めるとも言われる。

また、1970年代にはほとんど時差無くして北東アジア圏、東南アジア圏にてアニメが放送された。 だが同時にアニメの日本文化の影響が強い表現や、性的な物を示唆する表現は徹底的に排除される傾向にあった。 1980年代になると、東南アジア圏では性的な表現を除き、日本文化的な表現も受容されつつあり、再評価されている。 好まれるアニメは日本と大して変わらず、また『ドラえもん』は教育的であるとさえ言われた。

だがこの時代における北東アジア、東南アジアへのアニメの輸出は、さほど日本でアニメの国際化に寄与したと言う評価は得られなかった。 現在においては、香港、タイ、台湾などではほぼ1週間程度の時差で日本で放送されているアニメが放送されており、文化的な距離を縮めつつある。

ヨーロッパへの輸出は1970年代に開始された。アニメは制作費を短期間で回収するために、安価で多くの国へ輸出する販売戦略がとられたため、放送先は世界各地に広がった。現在では、北米、南米、ヨーロッパ、南アジア、東アジア、ロシア、オーストラリアなど放送地域は全世界に広がっている。各作品毎に集計したものはあるが、全体として具体的な統計などはとられていない。

輸出先では内容の大きな改変が行われることが多い。特に暴力的なシーンについての反応は、日本より海外で拒否反応が激しいことが多い。また、日本製だということで警戒されることもあり、スタッフ名が削除されたり、各国風に書き換えられたりして放送され、当の視聴者が日本製だと知らないでいることも多い。

動物アニメや世界名作ものは比較的広い地域で受け入れられているが、日本の生活風景が出るもの(『ドラえもん』など)や、特定の国を扱ったもの(『ベルサイユのばら』など)は、受け入れられるかどうかは国によって大きく異なる。文化の違いとしては、前出の『ドラえもん』はなまけものの主人公をロボットが手助けする話であり、アジアで好評価を得るが、いわゆるヒーロー的な男性を尊ぶ北米では受け入れられず、放送されていない。また逆に、『超電磁マシーンボルテスV』のように、日本で特に評判にならなかった作品が、特定の国だけで爆発的な人気を呼ぶこともある。その他、北米など一部地域では性的描写の規制が日本より緩い場合があり、対米向け作品を横流しし、国内で流通させる店舗が出て小さな問題になっている。

東アジアでは正規な契約の基にテレビ放送されている作品もあるが、無許可で各国語字幕付きのDVDなどが作成されて流通しており、問題になっている。また、ファンサブ活動によって作成されたデータも、違法に全世界で流通している(ファンサブについては後述)。

この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
リンク
カテゴリー
プロフィール

漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

Author:漫画に関する総合情報サイト/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/

RSSフィード
最近の記事
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ